今更ながらのプロ指導 - 書評あれこれ~

あらすじ 今更ながらのプロ指導 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 《プロ野球の現役選手が高校球児に技術指導などを行うシンポジウム「夢の向こうに」が21日、巨人の小笠原道大内野手らが参加して宮崎市の宮崎県総合運動公園で行われた。これまではホールで実施し、プロ選手がステージ上で実技指導していたが、今回はテストケースとして初めて、共にユニホーム姿でグラウンドでの指導が実現した。シンポジウムは午前、午後の2部制。》

 プロ選手の高校球児に対する技術指導の会が試験的に行われたようです。正直、「何で今更試験的に行う必要があるのか?」と思ってしまいました。スカウト等、利害が絡むことが長年プロによる技術指導が禁止された一つの要因でした。しかし、人材が数多く米国に流出していく中で、早いうちからプロ選手の指導を受ける、交流を深めることで、日本のプロに対する魅力を少しでも高校生に伝えてもらいたいと思います。

Numberweb http://number.bunshun.jp/articles/-/189280
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.