- 書評あれこれ~

あらすじ 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 《4日午前1時10分ごろ、広島市中区中島町の平和記念公園の警備員から「原爆死没者慰霊碑にペンキが掛けられている」と近くの交番に通報があった。県警広島中央署員が駆け付けたところ、慰霊碑に金色のペンキのようなものがスプレーされており、同署は器物損壊容疑で調べている。
 同署などによると、同日午前0時50分ごろ、防犯センサーが鳴ったため、急行した警備員が見つけた。慰霊碑には横書きで「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれているが、2行目の「過ちは」と3行目の「繰返しませぬから」の文字にスプレーが吹き付けられていた。
 慰霊碑の下には原爆死没者名簿が納められており、毎年8月6日の広島原爆の日には慰霊式が行われている。》 


 原発事故があったからでしょうか、「繰り返しませぬ」の箇所にスプレーが吹き付けられたのは、繰り返してしまったということへの皮肉の意味でしょうか?退屈しのぎか?いずれにせよ、悪質なのは確かです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.