まだ終わりじゃない! - 書評あれこれ~

あらすじ まだ終わりじゃない! 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 《「派遣村」村長を務めた反貧困ネットワークの湯浅誠事務局長の話

 今年は炊き出しに並ぶ人が二倍になった二〇〇八年末のような現象は起きていない。ただ、貧困問題に関して新年度予算案をみても、何千億円もかかる大玉は打てていない。財政逼迫の中で、優先順位が政権交代直後ほどはなくなったのだろう。ホームレスの住まいの問題はこの一、二年、生活保護で対応されることが多くなったが、その手前のセーフティネットは(職業訓練中に生活費を支給する)求職者支援制度の恒久化以外、進展がない。》

2011年12月30日 東京新聞 社会面

 リーマンショックのあった2008年末に派遣の契約更新が出来ずに職を追われた人達が炊き出しを求めて、日比谷公園の年越し派遣村に多くの人達が集まってから速いもので3年の月日が立っています。
 TVや新聞のおける紙面の量もリーマンショック時に比べて減っています。また、11月に労働者派遣法の改正案から登録型派遣、製造業派遣を禁止する条項を削除することを自民・公明両党と合意しました。リーマンショック後の使い捨て雇用に対する反対の気風が時間が立つにつれて徐々に薄まっているような感じがします。
 
 しかし、派遣切り、雇用不安に対する問題は解決しているわけでも、改善の方向に向かっているわけでもありません。
 「3ヶ月契約を12年続けた末、契約更新できず」、「新宿炊き出しに250人」と厳しい冬を越さなければならない失業者が多々いる事という事実は何も変わっていません。

 2008年末のような大きな報道から徐々に下火になっている、また派遣法改正案から登録型派遣禁止が削除される今だからこそ、「使い捨て雇用」の問題点、愚かさを再認識して問題が風化しないようにすることが必要だと思います。 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.