ファイル共有ソフトの開発は罪か? - 書評あれこれ~

あらすじ ファイル共有ソフトの開発は罪か? 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 《ゲームソフトなどをインターネット経由で複製できるファール共有ソフト「ウィニー」を開発し、ネット上で無償公開したとして、著作権法違反ほう助罪に問われた元東大助手金子勇被告(四一)の上告審で、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)は「被告には、ウィニーが著作権侵害に広く利用される認識がなかった」として、検察側の上告を棄却する決定をした。二審の無罪判決が確定する。》

 極端な話をすれば包丁や園芸用の鎌も、殺人のほう助になり得ます。道具は使い方によって良い方、悪い方どちらにでも使うことが出来ます。何でも罪のほう助になるのでは誰も新しい製品を開発しようと思わなくなってしまいます。

《裁判ではウィニーを開発し、ネットで無償公開したことが、違法コピーのほう助に当たるかが争点となった。
 決定は「ウィニーは違法にも適法にも利用でき、どの用途に使うかは利用者の判断」と指摘


 全ての道具は「どの用途に使うかは利用者次第」であるということは今に始まった問題ではありません。車も刃物も同じことが言えると思います。いまやソフトが無償公開されることは珍しくありません。善意で無償配布しえ捕まったのでは誰も新しいソフトの開発等しなくなってしまうでしょう。

《「開発したソフトを改良するため無償で公開し、利用者の意見を聞くのは合理的な開発方法で、ほう助には当たらない。また、著作権侵害をしないよう警告を出しており、違法利用が広まるとは認識していなかった」と結論付けた。》

 不特定多数の人々に対して情報発信と意見交換が出来るのがインターネットのメリットです。多数の利用者の意見を聞くために公開したのであって、違法コピーを増やすために公開を行ったのではありません。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック

ウィニー開発者、最高裁で無罪

ファイル共有ソフト、Winnyの開発者が著作権法違反幇助に問われた事件。 19日の最高裁は上告を棄却。開発者の元東京大助手は無罪が確定した。     ウィニー事件:開発、

2011-12-26 17:31 from りゅうちゃん別館

ウィニー開発者は、無罪?

まだ裁判、やってたんだ・・・ ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発・公開し、インターネット上で映画などの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反ほう

2011-12-27 13:36 from いい加減社長の日記

Winny開発者の無罪が確定へ

Winny開発者の無罪が確定するようです。

2011-12-27 21:01 from つらつら日暮らし

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.