すぐに使える書評集~ヒルティ幸福論より② - 書評あれこれ~

あらすじ すぐに使える書評集~ヒルティ幸福論より② 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 ~読んだ本の中で見つけた、実際に使える名言、名文を紹介します。

ヒルティ著「幸福論(第一部)」岩波文庫より

幸福論 (第1部) (岩波文庫)

新品価格
¥819から
(2013/3/3 23:24時点)




《まず何よりも肝心なのは、思いきってやり始めることである。

仕事の机にすわって、心を仕事に向けるという決心が、結局一番むずかしいことなのだ。(中略)

また他の人たちは、特別な感興のわくのを待つが、しかし感興は、仕事に伴って、

またその最中に、最もわきやすいものなのだ。

仕事は、それをやっているうちに、まえもって考えたのとは違ったものになってくるのが普通であり、

また休息している時には、働いている最中のように充実した、

ときにはまったく種類の違った着想を得るということはない。(中略)

だから、大切なのは、事をのばさないこと、

また、からだの調子や、気の向かないことなどをすぐに口実にしたりせずに、

毎日一定の適当な時間を仕事にささげることである。》
 

ヒルティの幸福論というと、難解な哲学書だと思っていたのが、

このような適切なノウハウを論じていたので驚きました。

読んでみて、全くその通りだと思いました。

頭で考えているうちはあれが足りない、これが足りないと堂々巡りしがちですが、

一度始めてしまえば、状況は始めるまえよりも格段に改善しているというのは、

一度実践してみるとよく分かります!


ヒルティ 書評関連記事

ヒルティ 幸福論ヒルティ 幸福論(第一部)


ヒルティ 幸福論
すぐに使える書評集~ヒルティ幸福論より①


ヒルティ 幸福論自分をも他人をも責めない(ヒルティ 幸福論)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.