メジャーで普通になる一流選手 - 書評あれこれ~

あらすじ メジャーで普通になる一流選手 読書感想文

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説あらすじ・読書感想文・解説 《<大リーグ>青木、中島……日本人野手にシビアな評価続く
毎日新聞 12月17日(土)17時22分配信

クライマックスシリーズで対戦した西武・中島(奥)と日本ハム・ダルビッシュ。今オフの「目玉」とされるダルビッシュら投手に比べ、日本人野手への評価は低い》

 過去に大リーグに渡って日本と同じような活躍が出来た野手はイチローだけではないでしょうか?
 松井や福留はそこそこ頑張ってはいますが、2割中旬程度に留まってしまっています。
 個人的には日本での3割以上打っていた選手が、2割台中旬の成績で終わっているのは寂しいものがあります。城島や岩村のように日本に帰って来たときには選手としてのピークを過ぎて、やはり日本でも2割台中旬の打率で終わってしまうかつての一流選手が多くてならない気がします。
 メジャーに行くことで並みの成績しか残せないなら、いっそ日本でずっとプレーして一流選手のままでプレーして欲しいきもします。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加


書評あれこれ~

書評記事おすすめ
世界文学名著おすすめ日本文学名著おすすめ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 書評あれこれ~ All Rights Reserved.